長野県には「野良舞夏ひまわり倶楽部・平石農場」、新潟県には「つくしファームひまわり畑」があります。

ひまわりが有名な観光スポット(北陸・甲信越・東海)

日本では夏の風物詩としてお馴染みのひまわりですが、
近年ではひまわりへの需要が高まるにつれて日本各地で「ひまわり観光スポット」と呼ばれる観光地が数多く出来ています。

 

中でも関東や甲信越地方、北陸地方や東海地方でのひまわりに対する需要は高く、
夏になると数々のひまわりスポットが自慢のひまわりを公開しています。

 

夏には避暑地としても活躍する事の多い「甲信越地方」ではひまわりを植栽している自治体が多く、
見事なひまわりを見学できるスポットが数多く存在しています。

 

 

北杜市明野サンフラワーフェス
山梨県にある「北杜市明野サンフラワーフェス」では、

夏場になるとメイン会場から茅ヶ岳広域農道沿いにある3会場にかけて約60万本のひまわりが咲き乱れます。
イベント期間中は地元の野菜の直売や写真コンテストなどの楽しい催し物もあり、
子供連れの家族などで賑わうことの多いひまわりスポットです。
また、同じく山梨県にある「花の都公園」は富士山にもっとも近い高原の花畑としても有名で、
夏のひまわりだけでなく一年を通してさまざまな美しい花々を鑑賞する事が出来る観光スポットとして知られています。

 

 

野良舞夏ひまわり倶楽部・平石農場
また、山梨と同じ甲信越地方の長野県には「野良舞夏ひまわり倶楽部・平石農場」と呼ばれるひまわり観光スポットがあります。

野良舞夏ひまわり倶楽部・平石農場がある阿南町では昭和60年頃までは養蚕が盛んでしたが、
徐々に衰退して桑畑が荒れ放題となっていました。
しかし、その桑畑を有効活用して地域活性化を図ろうと考えた地元の人たちによってひまわりが栽培され、
今日では見事なひまわりが立ち並ぶ観光スポットとして生まれ変わったのです。
20万本にも及ぶひまわりが立ち並ぶ景観は実に圧巻で、見る人をひまわりの魅力に引き込む力を持っています。

 

 

つくしファームひまわり畑
甲信越地方でもっとも寒いと言われている新潟県には「つくしファームひまわり畑」と呼ばれるひまわりスポットがあります。

ここはひまわりに関するイベントを通して、一般の人たちにも社会福祉についての理解を深めて欲しいとの願いで公開されているひまわり観光スポットです。
約50万本のひまわりが立ち並ぶ風景を無料で見学できるだけでなく、
8月にはさまざまなイベントが開催されるので家族連れに人気のスポットとして知られています。