夏の北海道では、至るところでひまわりが咲き乱れ、圧巻の景色を見せてくれます。

ひまわりが有名な観光スポット(北海道・東北編)

ひまわり

北海道と言えば美味しい海産物や農作物、酪農などを連想する人がほとんどだと思います。
しかし、夏の暑い季節になると北海道の至るところで「ひまわり」が咲き乱れ、
圧巻の景色を見せてくれます。

 

北海道内でひまわりが有名な観光スポットは幾つかありますが、
中でも特に知名度の高い観光スポットについて紹介してみたいと思います。

 

 

 

北竜町にあるひまわりの里
北海道でひまわりが有名なスポットとしては、なんといっても「北竜町にあるひまわりの里」を外すわけにはいきません。

北竜町にあるひまわりの里には日本一と称される規模のひまわり畑があり、
定期的にひまわり祭りなどのイベントが開催されています。

 

世界中のさまざまな品種のひまわりを見学できるコーナーやひまわりを使って築いた迷路など、
子供が喜びそうなアクティビティが盛りだくさんに揃えられているのも大きな特徴です。

 

 

なよろ・ひまわり畑
また、北海道内ではほかにも「なよろ・ひまわり畑」と呼ばれる、小高い丘の上にあるひまわり畑が有名です。

この丘の上からは名寄の雄大な田園風景を見渡すことができ、
スポーツに利用できる多目的ホールやゴルフ場などもあるので家族連れで楽しめるひまわり畑として人気を博しています。
また、園内には小さな子供が遊べる遊具なども取り揃えられており、ファミリーで楽しむのに特化したひまわり畑と言えそうです。

 

 

網走市大曲湖畔園地
さらに北海道内には約150万本という膨大な数のひまわりを有する「網走市大曲湖畔園地」があり、

夏になると多くの人でにぎわいます。
網走市大曲湖畔園地の規模は東京ドーム約4個分に相当する敷地面積を誇り、
その広大な土地には150万本ものひまわりが悠然とした姿で咲き並んでいます。
網走市大曲湖畔園地でのひまわりの見頃は大体、毎年九月の上旬から中旬となっているので、
その時期に北海道を訪れる機会があれば絶対に行っておくべきスポットだと言えます。

 

ちなみに網走市大曲湖畔園地への入場料は無料で、
網走市街の中心部からは車で約5分程度と非常にアクセスの良い立地となっています。

 

関東でお探しの方はこちら