ひまわりの種には、高血圧や貧血の予防効果、脂肪燃焼効果、アンチエイジング効果があります。

ひまわりの種の効果

ひまわりは日本において夏を代表する花と言っても過言ではなく、多くの人が夏の風物詩として認識しています。

 

しかし、ひまわりという花は元来、日本には存在しなかった花であり、
原産地はアメリカのカリフォルニア州やテキサス州などの地域だと言われています。
日本に初めてひまわりが輸入されたのは1666年頃の話で、
その頃から少しずつ品種改良が加えられて現在のひまわりが完成したのです。

ハムスターのえさ

 

一度、花開いたひまわりの中心部には多くの「種子」が存在しており、
種子の部分はさまざまな形で加工されて私たちの生活に利用されています。

 

日本ではひまわりの種と言えばペットのハムスターや小鳥に与えるというイメージが強いですが、
最近では徐々に「食用」としてひまわりの種を加工した製品が出回るようになってきています。

 

 

アメリカでは大リーグの選手などが試合中にも関わらず、
サンフラワーシーズ」と呼ばれるひまわりの種を加工したオヤツを食べるシーンが度々映されています。

 

サンフラワーシーズはひまわりの種をそのまま炒ってから塩味を付け、袋詰めにされたものが市販されています。
これを大リーガーたちは口の中にたっぷりと頬張り、口内で器用に殻を剥きながら食べるのです。

 

そのため、大リーガーたちが休むベンチの下には食べ終えて吐き出された、無数の「殻」が落ちています。

 

ひまわりの種の味はクセがなく、誰にでも食べられるシンプルな香りや味わいが魅力となっています。

 

最近では日本でも輸入食品系のショップでサンフラワーシーズが購入できるようになっていますし、
自然食品系のお店でも日本で加工された食用のひまわりの種が売られるようになっています。

 

ちなみにひまわりの種にはたんぱく質やカルシウムを初めてとして、鉄分やカリウム、ビタミンB1・B2、
ナイアシンが豊富に含まれている
ので優れた健康食品として世界中で愛されています。

 

ひまわりの種を食べる事で得られる効果
  • 生活習慣病の「高血圧」を予防する効果
  • 「貧血」の予防
  • 「脂肪燃焼効果」
  • 「アンチエイジング効果」

などが有名です。