ひまわりが有名な観光スポットを満喫しよう!まずは自分の住んでいる地域をチェック!

ひまわりについて

ひまわりの原産地・歴史

ひまわり

私たち日本人にとって「ひまわり」とは夏の風物詩として有名な花という認識がありますが、
実をいうとひまわりは日本には元々存在しない花だったのです。

 

ひまわりは元々、北アメリカのテキサスやカリフォルニアなどの地域が原産で、
野生のひまわりには約60種類ほどの品種が認知されています。

 

中には地下に球根のような根を作ったり毎年のように花開く品種もありますが、
ほとんどのひまわりは花が咲いて種が出来た後には枯れてしまう「一年草」となっています。

 

現在の日本で広がっているひまわりは品種改良によって作られたものであり、
通常の野生種はそれほど大きな花は付けずに小ぶりのものが多い傾向が見受けられます。

 

ちなみにひまわりが日本国内に初めて輸入されたのは1666年だと言われており、
日本におけるひまわりの歴史は意外にも古いことが分かっています。

 

 

ひまわりのタイプ

ひまわりは舌状花(ぜつじょうか)と呼ばれる、「花びら部分に雄しべを持たないタイプの花」として知られています。
中心の黒々とした部分は筒状花(とうじょうか)と呼ばれ、この部分は雄しべと雌しべの両方の機能を持っていることで知られています。

 

また、この筒状花(とうじょうか)の部分には花が咲いた後に種が出来ますが、
中心部分にある筒状の花はひとつひとつが独立した花びらだと考えられており、
さらにひまわりの花びら一枚一枚もそれぞれが独立した「ひとつの花」だと考えられています。

 

つまり、ひまわりという花は一見すると大きな一輪の花に見えますが、
実は形状や機能が異なる「2種類」の花がたくさん集まって大きなひとつの花を形成していると言えます。

 

 

名前の由来

ちなみにひまわりという名前は「太陽」や「花」という意味を持つヘリアンツスという言葉が由来となっており、
和名では「向日葵(ひまわり)」と呼ばれ、英語圏の多くの国々では太陽の花を意味する「サンフラワー」という名称で呼ばれています。

 

また、和名は向日葵(ひまわり)という名称以外にも「日輪草(にちりんそう)」や「日車(ひぐるま)」など、
いずれも太陽を由来とする名前で呼ばれる場合がほとんどです。

 

また、日本では当然のように語られている「ひまわりは太陽の動きに合わせて花の向きを変える」という話は事実ではなく
実際には若い枝や小さなつぼみ以外は一定の方向を向いたままとなっています。

 

 

ひまわりの品種

また、ひまわりにはさまざまな品種がありその姿や形は決して一定ではありません。
ひまわりは太陽のような形状をした背丈の高い夏の花というイメージが日本国内では根強いですが、
最近ではさまざまな企業努力や品種改良によって鉢植えでも育てることが出来るひまわりの品種なども出てきています。

 

また、日本ではひまわりの色は鮮やかな黄色というイメージが強いですが、
最近では黄色以外にもレモン色やオレンジ色など多種多様なカラーのひまわりも花屋などで販売されるようになってきています。

 

また、花の咲き方も改良されてきており、バラエティ豊かな咲き方のひまわりが市場には数多く出回っています。

 

 

 

ひまわりが見れる有名スポットはここ!

 

 

ひまわりの活用法

ひまわりは観賞用としてだけでなく、作物としてもその価値を発揮しています。
ひまわりの中でもロシアと呼ばれる品種には種の部分に豊富な脂肪分が含まれているため、
ひまわり油」を採取するために世界各国で栽培されています。

 

ひまわり油は非常に重要な資源として活用されていますが、油を絞った後の種もさまざまな形で有効活用されています。

 

たとえばひまわり油を絞った後の種は石鹸などの材料になりますし、茎は紙の原材料として活用されています。

 

また、葉っぱの部分も捨てずに家畜などの飼料として有効活用されており、
ひまわりはまさに「捨てる部分の無い作物」と言っても過言では無いでしょう。

 

お客様の要望に対応し、安心感を与えてくれるクレジットカード現金化会社のひまわりギフトも、
そんなひまわりの名前からとったのかもしれませんね。